商品一覧 会員登録 ご利用ガイド カートを見る
米常ライス株式会社トップ>魚沼産コシヒカリ最高級ブランド「おりざ」
魚沼産コシヒカリの中でも最高級ブランド「おりざ」がみなさまのご要望にこたえて、いよいよご家庭にもお届けできるようになりました
天の時 地の利 人の和 食べるたびに、作り手の顔を おもわず想像したくなるごはん。「天地人」すべてそろった、南魚沼生まれの「おりざ」
「おりざ」の由来
「おりざ」の名称は「稲」の学名「Oryzasativa (オリザ・サティバ)」(ラテン語)に由来し、おいしい米づくりの原点に立ち返り、世界に通用する最高級南魚沼コシヒカリブランドを目指すために名づけられました。
魚沼産コシヒカリ
日本穀物検定協会「米の食味ランキング」で21年連続”特A”を獲得。全銘柄の中でも連続受賞トップを誇る。(平成21年度産は、125銘柄中、特Aは20銘柄)。
南魚沼は日本でも有数の豪雪地帯で、雪解け水が豊富で、特に南魚沼は標高の高さから昼夜の気温差が大きいためコシヒカリに最も適した気候風土を持つ地域と言われています。美味しさに影響するといわれている、玄米のタンパク質(窒素)の割合が少なく6%前後と安定しています。米一粒、一粒に旨みが凝縮され甘くて粘り強いのが特徴です。
南魚沼地区
南魚沼市・南魚沼郡湯沢町。南魚沼市は六日町地区・塩沢地区・大和地区が合併して生まれました。魚沼地区は、主に北魚沼・中魚沼・南魚沼の3地区に分かれています。東に八海山を始めとする越後山脈、西に魚沼丘陵に囲まれた日本でも有数の豪雪地帯。冬季期間は平地でも約2〜3メートルも雪が積もり4月まで雪が残ります。
また、2009年NHK大河ドラマ「天地人」の主人公である直江兼続ゆかりの地でもあります。
「おりざ」のこだわり
その1 専人担当者が現地で生育状況を厳しくチェック
南魚沼地区では雪どけ後の4月から、本格的な米づくりがはじまります。「おりざ」専任の担当者が育苗から田植え、そして10月の収穫までの約半年間、ほぼ毎日のように生産者とコミュニケーションをとりながら稲の生育状況をチェックします。お客さまに「本物の味」をお届けするために当社独自の厳しい基準を設け、クリアしたお米にのみ与えられる「おりざ」の称号。時には厳しい助言もいとわずに毎朝現地で生育状況をチェックしながら、「おりざ」の称号を与えられるお米と向き合っています。
その2 出荷直前に精米
お米は生きています。
毎年10月の収穫を終えた「おりざ」は翌年までおいしい状態を保つため、米常ライスでは徹底した管理を行い、夏場は低温保管しております。
こうして保管した玄米を、出荷直前に最高の技術で精米し、お客さまのお手元へお届けいたします。
「おりざ」10のこだわり
生産者の声
丹精込めて作ったお米を、シビアに評価してくれる。そんなお客さんの声が直接聞けるのは、うれしいね。
商品紹介
商品名 おりざ
名称 精米
産地 新潟県南魚沼
品種 コシヒカリ
使用割合 100%
容量 5kg
「おりざ」ご購入希望の方は、こちら。